スポンサードリンク

2008年10月07日

コンジローム体験 感染編

私がコンジロームに感染したのは今をさかのぼること10数年前のことでした。
感染経路は私が、若気の至りでフーゾクで遊んだ相手からうつされたと思います、ほぼ確定ですが。
当時の私はまだ若く性病に関する知識は、淋病、クラミジア、梅毒などメジャーな性病しか知りませんでした。

ある日のことです、風呂に入り性器を洗おうとしてカリの部分をさわった時です、ものすごく小さいポツンと尖ったイボです、イボがあるのです。
何だこれはと思い少しの間考えました、そういえばずいぶん前にある雑誌で「性器に脂肪のかたまりができるけど性病ではありません」と書いてあったことを思い出しました。
なーんだ性病ではないのかと思いちょっと安心しました。

ところがです、段々とイボが増えて大きくなってくるではありませんか、形はまさしくカリフラワーのようになっているのです、そのとき私は思いました、ただ事ではないぞと、そして本屋へ行き医学書で調べました。
すると症状があてはまる病気がありました、「コンジローム」と書いてありました。

ゲゲッ脂肪のかたまりじゃないのかよ性病!!マジかよと心で叫びました。
でも痛みもかゆみも無いしこのまま様子をみてみようと勝手な自己判断で決めました。
しかしです、イボは日増しに増えているように見えました、イボを触ってみるとなんか採れそうな感じでしたので一粒だけ取り除いてみようと試みました、するとイボは採れました。

イボが採れた痕は少し出血がありましたが、すぐに止まりました。我慢できるほどなので、それほど苦にはなりませんでした。
それから数週間後のことです、またイボができているので、これはマズイと思い近所の評判のいい皮膚科へ行くことにしました。


posted by コンジロー at 22:44| Comment(27) | TrackBack(3) | コンジロームについて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月03日

包茎だと性感染症になりやすい

まず包茎だと、不潔になりやすく亀頭包皮炎を起こしたり、恥垢なども溜まりやすいので、細菌やウィルスの温床になりかねません。
また悪臭の原因にもなります。
普段から亀頭が包皮に保護されているため、性交渉の時に敏感になりやすく早漏になりやすいというデメリットもあります。

精神的にもいろいろと問題点があります。見た目的にも子供っぽくに見えてしまったり、世間的なイメージにより「恥ずかしい」「見られたくない」と思ってしまうこと多く一般的に包茎に対する羞恥心が強い傾向があります。
公共浴場などに行った場合にも自分は包茎だと引け目に感じてしまうこともありえるのです。

包茎に対して強いコンプレックスやストレスを受けてしまっているようであれば、包茎手術を施すことを視野に入れてみてはどうでしょうか。
手術によって、コンプレックスやストレスから解放され自分に自信がもてるようになるのではないでしょうか。
また、亀頭がむき出しになることによって、恥垢(ちこう)が溜まりにくくなり、細菌の増殖も抑えられ、悪臭も発生し難くなります。

機能的にも、亀頭の露出によって皮膚が強くなり、刺激にも耐性ができて早漏の防止にもなります。
手術はもちろん、麻酔をして行いますので痛みがなく、時間も30分ほどで終わり、術後は帰宅可能です。
悩んでいたら、美容整形外科へ相談することをススメます。

包茎矯正グッズなども販売されていますが、それらを使用しても皮がなくなることは、まずありえないので、根本的な解決までにはなりません、やはり美容整形外科へ相談が一番かと思います。
posted by コンジロー at 11:54| Comment(7) | TrackBack(3) | コンジロームについて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月14日

コンジロームってどんな病気

コンジローム(尖圭コンジローマ、尖圭コンジロームとも呼ぶ)は、ヒトパピローマウイルス(HPV)が感染して陰部や肛門のまわりにイボができる性病であります。

ヒトパピローマウイルスには90種以上のタイプがあって、これからも新種のウイルスが発見されてタイプが増えると言われています。
コンジロームを起こすヒトパピローマウイルスは癌になる危険の少ないものと癌になる危険があるものとに分類されます。

この病気(コンジローム)の一番の特徴であるイボは、男性女性ともに陰部、肛門のまわりに発生します。
かたちは乳頭状(乳首のような形)のほか、鶏のトサカやカリフラワーのような状態になることもあり、色は白、ピンク、褐色(黒っぽい茶色)、とさまざまで、大きさは径1〜3ミリ前後から数センチになるものまであります。
男性は陰部が表に出ているためイボに気づきやすいのですが、女性は膣内のイボだと気づきにくく、よって長期間に渡りヒトパピローマウイルスを保有する確率が高いのであります。

感染経路は主に性交渉や口による性行為によって感染します、ごくまれにではありますが母子感染もありえるようです。

発症年齢は若年層が最も多く、男性より女性の方が発症率は高めの傾向であります。

避妊具の使用率が年々低下しておりましてそれに伴いコンジロームの発症率が増加の傾向にある(その他の性病も含め)とのことで、パピローマウィルスが悪性化してきているのか治りにくくなり、さらに再発しやすくなったとされています。
ラベル:コンジローム
posted by コンジロー at 06:41| Comment(0) | TrackBack(0) | コンジロームについて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月13日

コンジロームの症状

コンジロームの症状は陰部に先端の尖ったイボを形づくってくるもので、自覚症状はなく、痛みも痒みもない、しかしごくまれにではあるが痛みや痒みをともなう場合があります。
イボができると次々に形づくって段々と増えていく、治療を行っても他の場所へ転移していき再発を繰り返しやすい病気です。

男性の場合コンジロームのイボのできる場所は、主に亀頭の先端部分やその周囲の部分、包皮内外板(包皮の内側・外側)、陰のう、会陰(陰のうと肛門の間)、尿道口、肛門のまわりや肛門内などで、女性の場合イボのできる場所は、主に大小陰唇や腟前庭、会陰、尿道口、肛門のまわりや肛門内といった場所のほかに、腟、子宮頸部など陰部の内側にもできることがあります。

イボの形はさまざまで、乳首のような形が多く現れているようでカリフラワーやトサカのような形になることもあるそうです。
大きさは、直径数ミリ前後の高さ2〜15mm位で、大きければ見て分かるほどなのです、しかし女性は膣内部にできた場合は、見て直ぐに分かるものではないので、定期的にコンジロームの検査を行なった方がよろしいかと思います。
ある研究機関によりますとヒトパピローマウィルスを保有する人が、20代女性の40%にも上るという報告もあるからです。

男性女性共に、イボの色は、白、赤、、褐色(黒っぽい茶色)、まれに黒っぽい色になることも。

イボを形成するコンジロームのウィルスは良性のものが多いが、まれにではあるが悪性のものもあり放置しておくと癌になる可能性もあるので注意が必要であります。
ラベル:コンジローム
posted by コンジロー at 23:42| Comment(4) | TrackBack(0) | コンジロームについて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月10日

コンジロームに似た病気

コンジロームの症状に似ている、また間違えやすいものとしてフォアダイスと真珠様陰茎小丘疹というものがあります。

フォアダイスは病気ではなく、成人男性の65%に見られる生理的な現象で無害であります。
まれに女性の小陰唇にもできる場合があります。
主な症状は亀頭のカリと呼ばれる部分や陰茎に、黄白色の小さい粒状のものが一直線にならんでいます。

放っておいてもコンジロームとは違い、害はないのでそのままでもよいのですが、見た目が゛気になる方はレーザーや電気メスで取り除くことが可能です。この場合、保険は適用されませんので数万〜十万くらいの費用がかかります。
また不潔な状態になる包茎の人のほうがなりやすいといわれています、皮を被っていますといろんな弊害がありますので、包茎の方は手術をおすすめします。

もうひとつコンジロームと似たもので真珠様陰茎小丘疹(しんじゅよういんけいしょうきゅうしん)というのがあります、これはフォアダイスと同様に無害で生理的な現象で男性の20%にみられます。
症状は白色で大きさの揃ったイボ状の脂肪のかたまりが亀頭の外周にできます。

これまたフォアダイスと同様、放っておいても害はないのでそのままでもよいのですが、見た目が゛気になる方はレーザーや電気メスで取り除くことが可能です。この場合、保険は適用されませんので数万〜十万くらいの費用がかかります。
ラベル:コンジローム
posted by コンジロー at 11:22| Comment(0) | TrackBack(0) | コンジロームについて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月09日

コンジロームの病院

これはもしかしたらコンジロームかな?と疑問に思うとき、以下のような症状が出たとき。
男性の場合、陰部の亀頭部分や肛門に女性の場合、小陰唇や大陰唇、肛門に尖がったブツブツのものが現れたら。
また彼氏、彼女、パートナー、ご主人、奥様いずれかの方がコンジロームと診断されたとき。
迷わず病院へ行きましょう、放っておくと次々と感染者が増えていく恐れがありますし、またガンになる可能性もありますので。

では何科へ行ったら良いのかということですが、男性ですと皮膚科、泌尿器科、性病科へ、女性ですと婦人科、性病科で受診しましょう。
形成外科でも診療していただけますが保険適用外ですので治療費が割高になりますので注意が必要です。

どの科を選ぶのかは最終的には自己判断となりますので、口コミ(他人には聞きにくいことですが)やネット上の書きこみ(信用できないものもある)などで十分に情報を集めて病院を選びましょう。
私もネット上のコンジロームの情報をいろいろと調べましたが、ある医者はコンジロームかと思ったらまず皮膚科へ行きましょうとありますし、また別の医師は男性だと泌尿器科、女性だと婦人科と書いてありました。このように情報によってまちまちなところがあります、惑わされず的確な判断をしてください。

治療費は検査で4000円ほど、外科的処置(焼く)の場合は3000円ほどで、別途に処置後に塗布する薬代がかかりトータルでは10000円前後で済みます。いずれも保険適用(3割負担の場合)です。
治療方法によっては保険適用外になる場合もありますので、事前に医師へ確認しておくと安心でしょう。
病院によっては数十万から百万円と信じられないような治療費を請求してくるところもあるらしいのでくれぐれもご注意ください。
ラベル:コンジローム
posted by コンジロー at 23:02| Comment(0) | TrackBack(0) | コンジロームについて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。